不安だらけ?ルナの初チャットレディ体験談

不安だらけの初チャットレディ

 

こんにちは!
このサイトを運営しているルナです。

 

 

チャットレディって初めてやるときって、緊張するし、どうしていいか分からないし、不安がいっぱいなんですよね。
この記事を読んで下さっている方の中にもチャットレディをしてみたいけれど、不安だし中々最初の一歩が踏み出せない方も多いんじゃないでしょうか。

 

私もその中の一人でした。

 

この記事ではそんな私が初めてチャットレディをしたときの体験を赤裸々に語っていきたいと思います。

 

 

奨学金を返すために始めたチャットレディですが、正直最初はチャットレディに抵抗があったし、稼げるなんて半信半疑でした。

 

それでもお金を少しでも返すのと、貯金もしたかったので、サイトに登録しました。
この時の私はパソコンは持っていなかったのでスマートホンからチャットをしました。

 

登録してすぐに初めてのお客さんとチャットをしました。繋がってすぐは、ドキドキ緊張していました。

 

初めてのお客さんは40代の人で、プロフィールを見て2ショットのチャットにインしてくれました。
私はどんなことを話してよいか分からず、「こんにちは!今日もいい天気ですね。」なんてたわいもない会話をしていました。

 

相手の人も私がチャットするの初めてだと聞くと、つまらない会話をしてもニコニコと会話を返してくれました。

 

そんな会話が10分くらい続いたころでしょうか。

 

「そろそろ脱いでもらってもいい?」

 

思わず「え?」ってなりました。
まあ覚悟はしていましたけど、やっぱりそういう目的の人が多いんだなーって思いましたね。

 

私はもともとアダルトはしないと決めていたので、低調にお断りしました。それでもそのお客さんがあまりにもしつこいもんだからキック(チャットを強制的に切る)したんです。

 

初めてのことだったんで、最初は単純にすこし怖かったですね。慣れてくればどうってことないですけど。

 

そんなこんなで私の初チャットは終わりました。
ここで私がお伝えしたいのは初めてだとお客さんの要望にすべて答えなくちゃいけないのかな、と思ってしまいますが、そんなことはありません。

 

どうしても嫌なことは断る!

 

それが大切ですね。慣れてくれば、はいはいそういうお客さんねー、と割り切ることができるし、そこで文句を言われてもなにも思わなくなります。

 

やっぱり顔をだして脱いだりすると、それなりのリスクがあるので抵抗がある人はしっかり断るようにしましょう!

 

 

 


トップページ チャットを始める前の準備編 チャットレディ実践編 確定申告編